IamHAWAII

Pocket

最近、確かにあまり本屋をチェックしていないし、インターネットも決まったところしか巡回していないんです。だからハワイに関する出版物の情報にかなり疎くなっていますね。

特に雑誌については、お気づきとは思いますが、かなり冷たい態度を・・・。近くハワイに行く機会があればまた違うのでしょうけど。今年も結局行きませんでしたものね。

それにしても、この「IamHAWAII」という雑誌のことを知らなかったのは・・・・。恥ずかしいです。季刊でかつ書店売りではなく申込者の自宅に届ける直販形式とのこと。書店チェックでは気がつかないにしてもインターネットとか記事をよく読んでいれば・・・。お恥ずかしい。

内容は観光中心の単発の特集記事とかとは明らかに違うものですが、例えばフラ専門誌と少しですがかぶる部分もあるかもしれませんね。問題は一冊1,575円という価格で、書店で内容を確認出来ない雑誌としては読者を如何につかむかが課題かもしれません。

デザイン、編集スタイルとも、そうですね、変な言い方だけど、応接間とかオフィスの卓上に置いておきたいという気にさせる雑誌です。えらそうなことを書かせてもらえればもうちょっと読み物の密度が欲しいと思うのですが。でも、12月20日に発売される第三号の予告をみると「作家が書いたハワイ」と・・・・。おおおお、読みたいぞ。

僕はこの第三号を申し込むつもりです。

IamHAWAII

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。