Unseen Treasures

Pocket

ホノルル・マガジンの12月号が届く。メイン特集は「ベスト・バー」だけど日本でもバーに縁が無いので。

「Unseen Treasures」という記事に注目。様々な理由でなかなか展示されない博物館の収蔵物、逸品の特集。

ミッション・ハウス・ミュージアムからはジェームズ・ケケラ(James Kekela)牧師がリンカーン大統領から送られた金の懐中時計が紹介されている。James Kekelaは初めてのハワイ人からキリスト教牧師となった人物。マルケサス諸島に派遣され、そこで殺されそうになったアメリカ人船員を救った功績をたたえての大統領からの贈り物。

一度盗難にあってから一般公開されなくなった模様。2006年に「Treasures of Hawaii’s Past」というタイトルで展示されたことがあるみたい。

Isle treasures

上でリンクしているStar-Bulletin紙の記事ではドクター・ジャッドの薬箱(medicine chest)と懐中時計のキャプションが逆になってしまっていることにご注意を。(薬箱のキャプションでは白人が持ち込む病気にドクターが悩まされたという記述が。)現在でもJames Kekelaの子孫がこの名誉有る金時計を眼にするために年に一回、博物館を訪れるという記述があります。

さて、このホノルルマガジンの記事にリンクしようとしたら、サイトが開けない。一時的なトラブルだと良いのだけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。