Sea of Glory

Pocket

「グレイト・ウェーブ」という本に刺激され、昨年、神戸の洋書屋で買ったままであった「Sea of Glory」という本をひっぱりだしました。

これは19世紀のアメリカによる調査探検航海とそのリーダーであるチャールズ・ウィルクスについての本ですが、メルヴィルの「白鯨」のエイハブ船長はこのウィルクスのキャラクタを参考にしているという説があるそうです。そのウィルクス、ハワイでドクター・ジャッドをキラウエア探検のために雇っているんですね。

その彼がドクター・ジャッドについて触れた箇所、メルヴィルが描写する宣教師の奥方の描写と重なるのですよ。彼ら二人とも同じものを観たのでしょうか。ウィルクスの描写を参考にしたと思われる版画がスミソニアンに保管されています。キャプションにはStreet view at Honoluluとしかありませんが、先住民に曳かせた車に乗る宣教師としか思えません。

http://americanhistory.si.edu/collections/object.cfm?key=35&objkey=49&gkey=87

http://www.sil.si.edu/imagegalaxy/imageGalaxy_enlarge.cfm?id_image=1776

具体的にウィルクスがどのように描写しているか、は次に書かせてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です